top of page

冬の寒さが生み出すごちそう

毎日寒いですね


1月5日から20日は1年で最も寒いとされる「寒のうち」


普代村には冬の寒さを利用したおいしいものが色々あります。


【寒締めほうれん草】


じっくりと寒さにあてて育てたほうれん草は、身を守るため葉が縮んで肉厚となり、甘みと旨味が格別です。


えぐみもなく、やわらかで普通のホウレンソウとは一線を画しております。

調理はさっと茹でるだけでOK


実は、、、このピンクの部分が一番甘いんです!

根本を十字に切ってから洗うと砂を落としやすくなるので、良く洗って根本までいただきましょう。

👀目の健康に役立つルテイン豊富な機能性表示食品ですっ!


【凍み大根】

大根の皮をむいて湯がき、紐を通して凍結と乾燥を繰り返します。


ほんのりついた飴色は大根の糖分です。

凍み大根を食べるときは、ゆっくり水戻ししてから使います。

独特の歯ごたえがあり、噛むほどに大根の凝縮された旨味が広がります。


【凍り豆腐】

北東北の食文化に欠かせないのが水気を絞った堅豆腐。


好みの大きさに切って天然のフリーズドライ製法で凍り豆腐に。

岩手県北では凍った状態でも販売されていて、使い方はお湯で解凍するだけ水戻し不要♪


お正月食べすぎちゃった人に嬉しい

レジスタントプロテイン

必須脂肪酸

ミネラル(鉄・カルシウム)など

栄養たっぷり!


煮物はもちろん、唐揚げやフレンチトースト風など使い道もいろいろ。




「厳しい寒さに負けない力」


「農閑期を乗り越えるべく育まれた先人の知恵」


時代が移り変わっても変わらず受け継がれる普代の魅力です。

Comentarios


bottom of page