top of page

夏に役立つ「シソ科の植物」


薬味やツマなど夏に大活躍する「大葉」は青じその若芽を意味する言葉です。













普代では、身近に生えているor植えているので買ったことがないという方も多いのではないでしょうか。


今回は、夏に役立つシソ科の植物をご紹介します。




夏に欠かせない「梅漬け」は赤紫蘇で色と風味付け。


ごはんの上にあるのが梅漬け。




























特徴


葉が対生/茎の断面が四角/香りがある



料理の香りづけに使われるハーブのほとんどがシソの仲間です。


バジル、ローズマリー、タイム、セージ、オレガノ、ミントなど。








いいところ(1)


\農薬を使わない防虫・活性/


コンパニオンプランツに近くで栽培するとお互いに良い影響がある植物。



【キュウリ&青じそ】


⇒青じそがアブラムシを抑制


どちらも乾燥を嫌うので、気を付けましょう。






【トマト&バジル】


⇒バジルが水を吸い上げ、甘いトマトに♪








【サツマイモ&赤紫蘇】


⇒赤紫蘇で「つるぼけ」&害虫抑制








赤紫蘇と青じそもコンパニオンプランツなのですが・・・


交雑してしまうと、香りや色などの特長が損なわれ繁殖力の強い雑草となります。








植えるときは、適度に離しておきましょう。


この交雑問題はシソ科の植物同士で起こりやすくなります。


よく「庭にミントを植えてはいけない」と言われる理由の一つです。


ミントは強いアロレパシー(他感作用)で他の植物の生長を妨げ種と根の両方で増えます。


それはもう、爆発的に。


しかも、香りが無くて丈夫。


引き抜いても根が少し残っているだけで復活するとか。



そこへ、ヨトウムシ(食害性害虫)もやってくる・・・


ホラーです😱










露地栽培したいときは、地中に囲いをします。(植木鉢ごと植えるのでもOK)


それでも、超えてくることがあるので管理に自信が無い方は、プランター栽培がおすすめです。



いいところ(2)


\健康をサポート/


抗酸化物質「ロスマリン酸」含有、風味が付いて、健康にも良いんです👍



いいところ(3)


\使い道が多様/


~活用方法~


[赤紫蘇]



漬け物、ジュース、手作りふりかけなど





































<番外編>


夏休みのお子さんと赤紫蘇ジュースで自由研究♪


酢を加えない赤紫蘇ジュースで色の変化を確認します。


「酸性」


(酢、果汁、ヨーグルト、炭酸水)⇒赤


「アルカリ性」


(重曹、ラーメンのゆで汁、こんにゃくの汁等)⇒青


※赤紫蘇が手に入らないときは、赤紫蘇のふりかけをお茶パックに入れ、水に浸し抽出した液でも実験できます。




[青じそ]


大葉みそ、天ぷら、茶漬け、ドレッシング


































[バジル]


ジェノベーゼ、カプレーゼ、ピザ、ガパオライス、バジル塩



























[ミント]


お茶、モヒート、虫よけ


大量消費したい方はミント風呂がオススメ。







































<保存方法>


乾燥(レンチンでもOK)


オイル漬け⇒薬味やドレッシングに


塩漬け⇒おにぎりに


シロップ⇒炭酸水やお酒で割って


砂糖漬け⇒お茶やお菓子に





丈夫で育てやすく減農薬にも役立つシソ科の植物。


摘みたては香りが抜群♪


シソ科の植物で普代の夏を乗り切りましょう。


Comments


bottom of page