top of page

12月12日は「山の神の日」

普代に長く住む方に「今日は風が強いですね」と話したら、「『山の神の日』の翌日は、いつも荒れるんだ」と返ってきました。


🌳12月12日は「山の神の日」なんだそうです。


これは山の神が、年に12人の子を産むとされているため。


山の神への信仰は普代に限ったことではないのですが、村に伝わる「鵜鳥神楽」の主要な演目になっていることもあり、気になって調べてみました。


山の神、あなた女神様だったのね!


神楽の演目「山の神」の舞は力強く、男性だと勘違いしていました。


言われて見れば確かに、装束が女性っぽいような。


かつて女性は神楽の「山の神」を見ることはできなかったそうです。


それは女神である山の神が、女性を嫌うため。


そこで、安産祈願をする女性たちが神楽師に自分の着物や帯を身に着けてもらったのだそう。


現在も装束に、女性ものの帯が使われていますね。


▽写真は、普代村にある山の神を祀った神社


鵜鳥神社の鳥居のそばにも山の神塔があります

左側にあります


これからは12月12日「山の神の日」は天気が荒れると思って気を付けます!


林業では、「山の神の日」山に入らないところもあるそうですよ。


このほかにも、普代村では暦が役立てられていて季節に応じた暮らしの知恵に感心したりおもしろがったりしています。

Opmerkingen


bottom of page